トゥロン TURRON!! クリスマスの伝統菓子

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
IMG_1360 1.jpg

スペインのクリスマスといえば「トゥロン TURRON」!!
日本だったらクリスマスケーキ食べるところですが、スペインでは「トゥロン」を食べます。
伝統的なタイプの基本はアーモンドと蜂蜜」
アリカンテというバレンシアの南部の県がトゥロンで有名です。
しかしながら、今回連れて行ってもらったのは、「カシノス CASINOS」というバレンシアから1時間くらいのところにある小さな村。
アリカンテまではちょっと遠いけれど、美味しいトゥロンを求めてカシノスまでならヒョイっと行ってしまいます。


カシノスは小さい村だけれど・・・、TURRON屋さんがいたるところにあります。
人口から考えたら、異常なくらいのトゥロン屋さんの数(笑)
11月、12月の週末は、お店に入りきれないくらいのお客さんで、
銀行とかみたいに順番待ちの数字の紙を持って、外で待つはめになるらしい。


その中でも、一番人気は「チモ CHIMO」というお店。
外観は商店街の古いお菓子屋さんといった感じですが、なかなかモダンなトゥロンを作っているお店です。
地元の人のお話によると、元村長の娘さんが切り盛りしていて、
彼女はチョコレートを専門に勉強してきたので、作り上げるトゥロンもチョコレート系が多く、
味もいいとのこと。
そんな訳で、チョコレート大好きのスペイン人のハートをガッチリつかんでしまいました。
IMG_1403 1.jpg
夜の閉店時間になっても客足が絶えない・・・


美味しそうなものを切ってもらって、味見。15種類くらい味見して、購入したのは3種類(笑)

伝統的なタイプの
「トゥロン ブランド(トゥロン デ ヒホナともいう)」アーモンドクリームと蜂蜜を練ったもので、柔らかい
「トゥロン ドゥロ (トゥロン デ アリカンテともいう)」アーモンド丸ごとと卵白、蜂蜜で、カチカチに固い
           (トゥロン ドゥロ のレシピを掲載しました soon http://spainliving.seesaa.net/article/174667469.html )
チモの得意技チョコレートを使った
「トゥロン イエマ イ チョコラテ」卵黄とチョコレートのトゥロン
turron duro1.jpg
トゥロン ドゥロ

turron blando1.jpg
トゥロン ブランド



他に
「ポルボロン Polvoron」というアーモンド粉と小麦粉でつくる焼き菓子
(口に入れるとふわーっと溶けて、粉になります。
 非常に崩れやすく、食べる前に袋ごと握り固めてから食べる人もいます)
IMG_1392 1.jpg


「ペラディージャス Peladellas」アーモンドの周りを砂糖でコーティングしたもの
(購入したのはチョコレートコーティングしたもの)

IMG_1367 1.jpg
上の段がペラディージャス。

私の一番のお気に入り
「アルメンドラ レジェナ Almendra rellena」
「トゥロン ブランド」が最中にくるまれているような感じ。サクッとした表面と、トロリとした中身が抜群のコンビネーションでした。
IMG_1387 1.jpg


昔はトゥロンは私には甘すぎて、違いもわからず、学校のクリスマス会でもらったトゥロンに
「甘いっ」と悶え苦しんでおりましたが、
今回CASINOSに来て、いろいろ味見して買ってみると、スーパーの安いTURRONとは
ぜんぜん違っていて、「美味しいじゃない?!」と、再発見。

種類もフルーツ味各種や組み合わせ豊富で、自分好みの甘さが発見できるかも。


IMG_1353 1.jpg
他のお店の写真ですが・・・
左から「生クリームとクルミ」、「いちご」、「3種類のチョコレート」、「キウイ」、「オレンジ」


スペインにお越しの際はぜひ専門店やお菓子屋さんに寄ってみてください。
IMG_1379 1.jpg

Chimo
Avenida de Valencia34
Casinos, Valencia, 46171
info@fabrica-chimo.com
TEL/FAX +34 962 700 115



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

前の記事 次項有 スペインのクリスマス・年末年始 (ロス・レジェス・マゴス)

次の記事 次項有 ディア・デル・イノセンテ (スペインのエイプリル・フール)

関連記事 次項有  トゥロン・デ・アリカンテ(ドゥーロ 固い方)のレシピ 

       次項有   トゥロン・デ・ヒホナ(ブランド 柔らかい方)のレシピ

        次項有  世界で一番高価なトゥロン
 
バレンシア関連記事

 
 
posted by yuka at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ・お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トゥロン、とくにアリカンテの歯の欠けそうな硬いのが大好きなのですが、そちらの皆さんは、あの固いのをどんな風に切るんでしょうね?
私は自宅で人目のない状態で割ったりかじったりしちゃうのですが。
コツがあったら伺いたいです。
Posted by ゆみ at 2012年01月12日 01:44
ゆみさん、コメントありがとうございます。
でもでも、私もコツが知りたいです〜(汗)
ダンナ父は包丁の先をつきたてて上からガツンとやって切り分けている・・・というか、砕いています。
当然、キレイな形に切れていません。。。
自宅や身内の時はそれでOKですが。
ちょっとしたお客さまには四角に切って出したいなぁと、思っていました。
お役に立てず、すいません。コツがわかったら、教えてくださいね!
Posted by yuka at 2012年01月15日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。