LA TOMATINA ラ・トマティーナ -トマト祭り-

IMG_1057 1.jpg


"BATALLA バタージャ" 「闘い」 
と称されるこの祭り、

 "LA TOMATINA ラ・トマティーナ"

トマト祭り」だなんて、かわいらしい響きだけれど、
実際、武器が「トマト」という以外は、立派なバトルだと思って来てください。

去年は宮川大輔さんも参加されたとか。

時期は毎年、8月の最後の水曜日。
ちなみに2011年は8月31日。

場所はバレンシア市から少し離れたブニョルという村。

始まりは、1945年に仮装行列(コルプス・クリスティの巨人と小人のような仮装行列)の際に
若者たちが乱入、殴り合いの末、近くにあったトマトを投げた・・・という
なんだか、あまり誇らしい起源ではないのですが、
それを楽しんでお祭りにしてしまうのは、やっぱりスペインという感じ。
いまや、世界中から観光客がトマトを投げにやってくるわけで、
小さな村ブニョルの立派な観光資源となっているわけです。

電車、バス、車・・・この日、ブニョル行きの交通機関は渋滞。
やっと辿り着いた小さな村に一歩足を踏み入れると、
もう、トマトの青臭いにおいが充満している。

民家が立ち並ぶ古い街並みを、細い坂道を、「闘い」にやってきた若者たちが埋め尽くす。
トマトを大量に積んだトラックが入ってきて、戦いの火ぶたが切って落とされた・・・


IMG_1060 1.jpg
基本的に視界はこんな感じ

このお祭りに関して一言・・・・

とにかく、準備は万全に。

ラ・トマティーナは「闘い」なのです。

位置情報準備

服装
濡れてもいいように水着着用はもちろんのこと、
その上に捨ててもいいTシャツを着た方がいいと思います。
水着で参加した女性のビキニ(上半身)が、終わる頃には無くなっていたり・・・
というエピソードもあるので。


捨てても良いスニーカーなど。
狭い所にたくさんの人で、踏まれるし、トマトで滑るし
ビーチサンダルだとかなり危険です。

水中めがね
これは必需品。トマト顔面直撃はかなりの衝撃。さらに、普通に目にしみてイタイ。

さらに、公式HPが注意点としてあげてるのは

※ 上から見ようとして高い所(建物のベランダとか、柱とか)に登らないこと。
   4万人の標的にされます。。。と。

IMG_1062 1.jpg
標的になっています・・・

※ カメラは水中用の物を使用しましょう。

※ バレンシアに泊まるところを確保しましょう。

ブニョル村役場が掲げているトマト祭りの規則としては

1.他人に怪我を与えるような瓶などの危険物は持ち込まない

2.Tシャツを破ったり、投げたりしない

3.トマトは投げる前につぶしましょう

4.トマトのトラックに気をつけましょう

5.終了の合図ですみやかに投げるのをやめること


以上の注意点やルールからも、なんとなく 「ラ・トマティーナ」 の状況が推し量れるのではないかと。

危険物持ち込む非常識な人がいて、Tシャツ破ったり投げる人がいて、
堅いトマトも平気で投げつけ、たまにトラックにひかれる人がいて、
終了しても投げ続けている・・・・

そういうことです。

イメージとしてはトマトと猛獣の荒波に揉まれている感じ。

位置情報行き方

マドリッド、バルセロナ、アリカンテなどからブニョル直行バスが出ています。
トマティーナ公式HPから買えます。
その他にも、とりあえずバレンシアまできて、そこからブニョルに電車で行くのもお勧め。
マドリッドからなら新幹線AVEでバレンシアまで1時間半だし
もしくはバス(AVANZA)でも4時間くらい。
バルセロナからはAVEはないけど(いい加減、AVE通して欲しい)
電車で(3時間くらい?)かバス(ALSA、4時間くらい?)で。



トマトをとって、投げて、投げられて・・・それだけの単純なことが
妙に楽しい。テンションあがります。
子供のころの雪合戦のよう・・・(北の方の出身)。童心に帰れます。

参加料もなく、ただそこに行けば祭りに参加できる。
祭りは参加するのが一番楽しい。

最後に、簡易シャワーや至るところに放水してる場所があります。
トマトだらけだと帰りの交通機関(バスなど)で乗車拒否されます。
できるだけきれいに洗い流して、最低でも替えの下着と服は必需品です。
IMG_1057 1.jpg
これだと電車には乗れません。


髪の毛も耳の中も、爪の中までトマト。乾くと意外ととれません。
その場でできるだけがんばって洗い流しましょう。

ちなみに私の場合、ラ・トマティーナの後、全身かゆくなりました・・・

※ 2013年からトマティーナへの参加は有料になるそうです。

入場料は10ユーロ。

チケットは公式ページからComprarのボタンを押していくと買えます

バレンシア、バルセロナ、マドリッドからのバス代込のチケットを買うと楽かもしれませんね。

本人のみ有効で、返金や他人への譲渡はできないそうです。

また、旅行会社みゅうでも毎年トマティーナツアーを組んでいるので、これを利用するのも良いですね。

 

2012年に5万人参加したトマティーナですが、2013年の販売予定のチケットは4万枚とのこと。

チケットの手配はお早めに!

 

公式HP http://www.latomatina.info/
バレンシアのアツイ夏を体感してみてはいかがでしょう?


面白そうだな〜と思ったら
応援のワンクリックお願いしまーす
 
右斜め下 右斜め下 右斜め下
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

 

posted by yuka at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。