バレンシアの財政難


財政難のスペインの中でも、さらに財政難な州の一つ

バレンシアからこんにちは。

昨日はバレンシア州の記念日でお休みで、

旦那クンの会社は月曜も勝手に休日にしていたので4連休でした。

でも、まぁ、ダラダラしていただけですが(笑)



そんななか、郊外に家を買った友達の家に二人で遊びに行ってきました。

スペインの高速道路は有料の「アウトピスタ」と、無料の「アウトビア」があるんですが、

そのアウトビアにのって市内を抜けると、急に暗くなってしまった。

だって街灯が一つも点いてないんだもん!

最高時速110kmで(誰も守ってないけど)走ってて、周囲が真っ暗!

・・・って結構怖いんですけど〜がく〜(落胆した顔)

特に、高速を降りるところとかよく見えないし。

日本で高速道路の明かりが消されるなんて、ちょっと想像つかないんですけど

スペインは、そんなんアリなんですね・・・。

その後も友達の住む町に着くまで街灯ナシです。

せめてロータリーがあるところとか、分岐点とか1つくらい電気つけておけないのだろうか?

人の命がかかっているんだぞっ!事故ったらだれの責任?


そーいえば、バレンシア市内の道路も道の片側だけしか街灯がついていない今日この頃。

それか、1つおきについていたりとか。

私は、その位の明るさで十分だと思ってるんですが、

(前は無駄に明るかったし、財政削減が医療や教育に及ぶより無駄な街灯減らした方がいい)

高速で街灯なしはちょっとショックでした。

(そのわりに夜には誰もいない工場地帯とか工場予定地とかの街灯はしっかりついていた)

ま、私達は慣れない道を行ったし、旦那くんは暗いと視力が極端に落ちるようなので

大げさなのかもしれませんが。


ときどき、「スペインは不景気なのに全然不景気に見えないなぁー」とのんきに思う事もあるし

逆に、「うわぁ!不景気がこんなところにも?!」と驚くこともある。

旅行でスペインにいらっしゃる方も、日本との不景気の違い、

いろいろみつけられると思います。

共通してるのは、国民や市民の

「そこの予算を削減するな!他に無駄な経費がいっぱいあるだろ!」

という意見が無視される所でしょうかね。

アミーゴ社会のスペインでは、

大切なアミーゴの為に、役所に全然必要ないポストを作って高給払ってたり。

公務員試験受けてないのに公務員になれたり(合格者発表には、しっかり名前があったとか)。

無駄だらけですけどね。



ではでは、ポチっと一押しお願いします。いつもありがと〜。またね〜。
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ

にほんブログ村





バレンシア関連記事

posted by yuka at 17:06 | Comment(2) | スペイン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今までコメントできるって知りませんでした。スペインの高速道路、本当に暗いですよね。でも、前からそうだったと思いましたが。。。??
それにしてもスペインの財政難、目も当てられませんね。使われない空港、高速道路、電車。。。
無駄遣いのオンパレード。スペイン人って本当にリスクって考えませんよね。バラ色のコンタクトレンズを生まれながらに付けているとしか思えない。
いい時はハッピーでいいですけどね。。。
Posted by Eriko.K at 2012年10月13日 01:00
Eriko.Kさん、確かに前も暗かったですね!
でも最近、前にも増して暗いところ増えていません?
街灯あるのに点けてないところが増えたなぁ、と思います。
しかも、街灯点けたり消したりするプログラムがイカレちゃったのか(?)、
昼間に街灯が点いてた日もあったりして、全然節約になってない〜っという日もありました。
それにしても・・・バラ色のコンタクトレンズって〜(笑)
私も片目だけなら入れたいかも!
Posted by yuka at 2012年10月15日 02:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。