バレンシア 今昔

ごぶさたしています。

夏ですね。2013年初のブログUPが夏になってしまった(汗)

日本は梅雨明けしたのかなぁ。バレンシアは暑いです。。。夏バテ気味。


さて。私は知った街の古い写真を見るのが好きだったりします。

昔はここにこんなのがあったんだ〜。とか。

ちょっとしたタイムスリップ感があるし、現在の風景を見る目も変わって、

日常の風景に趣を見出したりしちゃいます。


そんな私に友人がメールしてくれた写真を今回は載せようかと思います。

バレンシア旅行予定の方、今と昔、ぜひ比べて見てくださいね。


Plaza-del-Ayuntamiento-en-1935.jpg
Plaza del Ayuntamiento 市役所広場の1935年の様子。

パッと見、今とあまり変わらないかな?

広場の木や花壇が無いし、たぶん広場の花屋もなかったんだろうなぁ。

市役所の写真を取ろうとすると木が邪魔なんで、昔の方が良かったなぁ。

市役所&広場-01.jpg
現在の市役所。ねー?木が邪魔なんですっ。

La-Lonja-y-la-plaza-del-Mercado-en-1930.jpg

お次は世界遺産ラ・ロンハの1930年の写真。

向かいにある中央市場の階段から撮影したのかな?

ラ・ロンハ-01.jpg

これも、あまり変わらないかな。




Puente-de-Madera-años-20.jpg
一番変わったのは、ここかも!Pont de fusta バレンシア語で「木の橋」の1920年代のお姿。

まず、川に水が流れてるw♪

バレンシアの旧市街の北半分はトゥリア川という川に囲まれていたのですが、

度重なる水害により約50年前に埋め立てられ、現在は公園として市民の憩いの場になっています。

この写真は埋め立て前の水がある状態。49年と57年の洪水で取り壊されたとあるけれど、

私がはじめてバレンシアに来た時も、こんな感じのしょぼい橋でした。屋根みたいのはなかったなぁ。

それが、おととし(大不況の中、無駄とも思える)公共工事が始まり、

完成したのが歩行用と車用にわかれた、こちらの橋。

原点回帰で、木の橋になりました〜。

2012-04-15 15.46.06.jpg




Calle-de-San-Vicente-Martir.jpg

最後は市役所の裏側にあるサン・ビセンテ通りの1920年代の写真。

現在、劇場や商店、レストランなどで賑わっている通りですが、昔も賑わってますね〜。

左手前にあるのは劇場かな?中央奥にはトランビアかな?

昔はバレンシア市内を路面電車が往来していたのでした。

サン・ビセンテ通りの現在の写真は撮ってないんです・・・すみません。



久しぶりのブログでしたが、なんだか自己満足な内容でした(笑)

それでは、また〜♪




posted by yuka at 14:00 | Comment(7) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も昔の写真見るの結構好きです。本屋にいくとついバレンシアの昔の写真集をペラペラ開いちゃうんですよねー。
Posted by Naoko at 2013年07月23日 18:05
お久しぶりですね〜。スペインのクマです。
しばらくアップされていなかったので、やめちゃったのかと思ってちょっと残念な気持ちになってましたよ。
ところで、今回の記事はちょっと興味深いですね。バレンシアの今と昔の雰囲気がよくわかりますよ。
また、次回の記事も楽しみにしています。
では。

※先々週、スペインの方へお邪魔しておりました。 北の方(オビエド、レオン)でしたが、それでもかなり暑かったです。 ただ、日本よりは過ごしやすかったかな。 日本は気温と共に湿度が高いので、蒸し暑くて過ごしにくいです〜。 
Posted by スペインのクマ at 2013年07月24日 20:59
Naokoさん、こんにちは!
写真集もあるんですね。今度探してみよ〜。
Posted by Yuka at 2013年07月26日 20:37
スペインのクマさん、ご無沙汰してます!
書かない癖がついちゃうと、何書いていいか分からなくなっちゃうんですよねぇ。
これからもマイペースで更新していきたいと思います。
先々週といえば、ちょうど北の方が南より暑かった時期かも。
私も去年の夏に北上したのですが、バレンシアより気温高くてびっくりしました〜。
Posted by Yuka at 2013年07月26日 20:48
初めまして!バレンシア移住を夢見ている大学生です。ブログをさかのぼって読んで楽しませていただいてます!ぜひぜひ、また更新してください。できれば、仕事の見つけ方や移住のアドバイスなども。(笑)
Posted by 葉月 at 2013年09月26日 10:16
はじめまして!
株式会社Groodの原口と申します。

弊社はamebaニュースやYahoo!ニュース等の各種有名サイトにおいて、
急成長中のベンチャー企業としてお取り上げて頂いております。
http://news.ameba.jp/20130130-225/
http://jp.techcrunch.com/2013/05/24/grood-funding/


そして現在、新サービスとして「海外在住・旅行経験者の方による旅行プラン提案サービス」を
5月頃をめどに開始する準備を進めております。
http://www.travel-lobby.info/

こちらのサービスは以下の流れとなっております。
ーーーーー
1.旅行者の方が”こんな旅行がしたい”とリクエストする
2.現地滞在・旅行経験者の方がプランを提案する(チケットやホテルなどの原価+手数料が価格)
3.旅行者の方がプランの注文を行った場合、弊社側で手配を行ないプラン提案者に1万円の報酬をお支払い
ーーーーー

このサービスをご利用頂くメリットは以下です。
ーーーーー
1.【完全無料】:登録やプラン提案において、料金は一切発生しません
2.【知識を活かした収益】:自分が詳しい地域の旅行プランを提案するだけで収入が得られます
3.【完全在宅勤務】:全ての作業はネット上で完結します。
ーーーーー

以下のサイトに詳細がございますので、よろしければご参照を頂けますと幸いです。
http://www.travel-lobby.info/

お手数ですが、よろしくお願い致します!
Posted by 原口悠哉 at 2014年04月11日 15:38
初めまして。

日本で「和風総本家」というテレビ番組を制作しております、
片岡大地と申します。
突然のコメント失礼いたします。

只今弊社の番組で「世界で見つけたMade in Japan」という企画をしておりまして、
今回スペインにお伺いしようと考えております。

企画の概要としましては、日本で作られた製品・商品が、遠く離れた異国の地で、
大活躍している、もしくは愛用されているといった事実を追い求め、
その現場を取材するといった流れの番組構成です。

例えば・・・・

@有名な〜〜(場所・建物)で
 実はニッポンの○○という素材・技が 使われている

◆○○美術館では、その壁面の修復に日本の漆喰の技術が使われている

A生活に身近な○○が、実は日本製

◆地元の飲食店で出される食器などが、実は日本製

◆日本製の○○をこよなく愛している人がいる


などです。


※スペインにある日本料理屋さんや、現地の日本人が使用している日本製品ではなく、

現地の方が何か理由があって使用している日本製品を探しております。

また、家電や車、アニメなどではなく、スペインの文化に溶け込む形で使用されている日本製品を探しております。

お心当たりがございましたら、ご連絡いただけたら幸いです。

連絡先を明記させていただきます。手段は問いませんので、何卒よろしくお願いいたします。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  テレビ大阪「和風総本家」AD 片岡 大地

  〒104-0045

  東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア6F

  TEL : 03-3543-7705/FAX : 03-5550-7227

  Email : wagu137@yahoo.co.jp

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Posted by 片岡大地 at 2014年05月23日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。