バレンシア 今昔

ごぶさたしています。

夏ですね。2013年初のブログUPが夏になってしまった(汗)

日本は梅雨明けしたのかなぁ。バレンシアは暑いです。。。夏バテ気味。


さて。私は知った街の古い写真を見るのが好きだったりします。

昔はここにこんなのがあったんだ〜。とか。

ちょっとしたタイムスリップ感があるし、現在の風景を見る目も変わって、

日常の風景に趣を見出したりしちゃいます。


そんな私に友人がメールしてくれた写真を今回は載せようかと思います。

バレンシア旅行予定の方、今と昔、ぜひ比べて見てくださいね。


Plaza-del-Ayuntamiento-en-1935.jpg
Plaza del Ayuntamiento 市役所広場の1935年の様子。

パッと見、今とあまり変わらないかな?

広場の木や花壇が無いし、たぶん広場の花屋もなかったんだろうなぁ。

市役所の写真を取ろうとすると木が邪魔なんで、昔の方が良かったなぁ。

市役所&広場-01.jpg
現在の市役所。ねー?木が邪魔なんですっ。

La-Lonja-y-la-plaza-del-Mercado-en-1930.jpg

お次は世界遺産ラ・ロンハの1930年の写真。

向かいにある中央市場の階段から撮影したのかな?

ラ・ロンハ-01.jpg

これも、あまり変わらないかな。




Puente-de-Madera-años-20.jpg
一番変わったのは、ここかも!Pont de fusta バレンシア語で「木の橋」の1920年代のお姿。

まず、川に水が流れてるw♪

バレンシアの旧市街の北半分はトゥリア川という川に囲まれていたのですが、

度重なる水害により約50年前に埋め立てられ、現在は公園として市民の憩いの場になっています。

この写真は埋め立て前の水がある状態。49年と57年の洪水で取り壊されたとあるけれど、

私がはじめてバレンシアに来た時も、こんな感じのしょぼい橋でした。屋根みたいのはなかったなぁ。

それが、おととし(大不況の中、無駄とも思える)公共工事が始まり、

完成したのが歩行用と車用にわかれた、こちらの橋。

原点回帰で、木の橋になりました〜。

2012-04-15 15.46.06.jpg




Calle-de-San-Vicente-Martir.jpg

最後は市役所の裏側にあるサン・ビセンテ通りの1920年代の写真。

現在、劇場や商店、レストランなどで賑わっている通りですが、昔も賑わってますね〜。

左手前にあるのは劇場かな?中央奥にはトランビアかな?

昔はバレンシア市内を路面電車が往来していたのでした。

サン・ビセンテ通りの現在の写真は撮ってないんです・・・すみません。



久しぶりのブログでしたが、なんだか自己満足な内容でした(笑)

それでは、また〜♪




posted by yuka at 14:00 | Comment(7) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。